「秋田市PTA連合会」は、西に夕日が沈む日本海がひろがり、東に出羽の山々につながる太平山を望み、流れ豊かな雄物川が中央を流れる、自然豊かな秋田県の中央部にある公園都市「秋田市」の小中学校PTAにより組織されています。昭和23年7月に9単位PTAで組織し「秋田市PTA連合会」が発足しました。平成17年1月の秋田市と河辺町、雄和町の一市二町の合併に伴い11小中学校の単位PTAが加わりました。現在は小学校42校、中学校25校(平成28年度現在)で組織され、PTA会員約21、000人で運営しています。わたしたちは社会や教育環境の変化に対応し、独自の活動も行いながら、単位PTAの健全な発展に寄与する役割を果たしてきました。今後も地域・学校・家庭の連携を考える活動をとおして、子どもたちの健全な成長を図るPTA活動の推進に努めてまいります。

最新情報

<2016/6/24>

「心のきずな育成事業~交流を未来につなげよう~」の参加について

東日本大震災発生から5年が経過した現在、未だ復興したとは言えない状況にあります。秋田市PTA連合会では、被災地の子どもたちと秋田市の子どもたちの交流を通して、各人が健全に成長するとともに、被災地と秋田市が相互に交流を深めることを目的 とし、添付のとおり「心のきずな育成事業」を実施いたします。つきましては、開催チラシを配布のうえ、ご案内くださるようお願いいたします。参加 決定の方にはおって詳細を連絡させていただきます。皆様からの参加申込みを心からお待ちしております。  

案内チラシ /  案内  /  申込書